思い悩むな

 

だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、

また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。

命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。

 

空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。

だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。

あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 

あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。

 

なぜ、衣服のことで思い悩むのか。

野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 

しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 

今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。

 

まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。 

だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。

それはみな、異邦人が切に求めているものだ。

 

あなたがたの天の父は、

これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。 

だから、明日のことまで思い悩むな、明日のことは明日自らが思い悩む、

 

その日の苦労は、その日だけで十分である。

 

マタイによる福音書6章25~34節

 



山鼻教会の守護聖人「幼きイエスの聖テレジア」についてお話しします。

 

 「私は天国から バラの花を降らせましょう」 テレジア

 

 カトリックでは教会が献堂されるとき、聖人の取次ぎを願って建てられます。山鼻教会はフランスの

聖女〈幼きイエズスの聖テレジア〉に捧げられました。フランスではリジューのテレースと呼ばれてい

ます。テレジアは15歳でフランスのリジューにあるカルメル女子修道会に入会し、24歳で天に召され

聖女です。その著書「小さき道」は今でも世界中で親しまれ、日本でも人気のある書物です。日本では

小テレジア、幼き花のテレジアなどと呼ばれています。記念日は10月1日です。2003年に列副されたマ

ザー・テレサはこの聖人からとられた名です。カトリック山鼻教会の聖堂の後ろに聖テレジアの聖遺物

安置されています。

 

    聖人について

 カトリック教会にはキリストの教えに忠実に従い、人々の救霊のために生涯を捧げた人を聖人として

尊敬しています。カトリック教会は聖人に列聖されるまで厳しい審査を行います。審査を行う機関はロ

ーマ教皇庁「列聖省」です。神の僕→尊者→福者→聖人の段階で進みます。聖人たちの多くは殉教者

あり、霊的指導者であり、福音に生きたキリストの模範です。

 

 日本人が知っている聖人を紹介しましょう。

 聖フランシスコ・ザビエル、アシジの聖フランシスコ、幼きイエスの聖テレジア、

 聖ヨハネ・パウロ二世、聖セシリア、聖ヨゼフ、聖マリア・・・・

 マザー・テレサは2016年9月4日、聖人に列聖されました。