主日のメッセージ


神父様の写真をクリックしていただくと、アレルヤ唱、福音朗読、説教の順にお聴きになれます。


 

 年間第25主日 2017年9月24日

   マタイによる福音書第20章1~16節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 〔そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。〕「天の国は次のように

たとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出か

けて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。

また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あ

なたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それ

で、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、

同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、

何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは『だれも雇ってくれ

ないのです』と言った。主人は彼らに『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言っ

た。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者

から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五

時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人た

ちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンず

つであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。『最後に来たこの連中は、

一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、こ

の連中とを同じ扱いにするとは。』主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当

なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分

の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払

ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、

わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、先にいる

者が後になる。」

 

 


   

年間第24主日 2017年9月17日

   マタイによる福音書第18章21~35節

 

 写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父  

  

 そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して

罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」イエスは言われた。

「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。そこで、天の国

は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。

決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。

しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も

全部売って返済するように命じた。家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっ

と全部お返しします』としきりに願った。その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、

その借金を帳消しにしてやった。ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオ

ンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。

仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。しかし、承

知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。仲間たちは、事

の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。そこで、主君は

その家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳

消しにしてやったのだ。わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を

憐れんでやるべきではなかったか。』そして、主君は怒って、借金をすっかり返済す

るまでと、家来を牢役人に引き渡した。あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さ

ないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


 

 年間第23主日 2017年9月10日

   マタイによる福音書第18章15~20節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父

  

 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「兄弟があなたに対して罪を犯した

なら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得

たことになる。聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。す

べてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。

それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないな

ら、その人を異邦人か徴税人と同様に見なしなさい。

 はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あな

たがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。また、はっきり言っておくが、どん

な願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたし

の天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まると

ころには、わたしもその中にいるのである。」

 

 

 


 年間第22主日 2017年9月3日

   マタイによる福音書第16章21~27節

 

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

                       札幌地区使徒職大会 (藤女子大学講堂)

 主司式 勝谷 太治 司教 

 

 〔そのとき、〕イエスは、御自身が必ずエルサレムに行って、長老、祭司長、律法

学者たちから多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活することになっている、と

弟子たちに打ち明け始められた。すると、ペトロはイエスをわきへお連れして、いさ

め始めた。「主よ、とんでもないことです。そんなことがあってはなりません。」イ

エスは振り向いてペトロに言われた。「サタン、引き下がれ。あなたはわたしの邪魔

をする者。神のことを思わず、人間のことを思っている。」それから、弟子たちに言

われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わた

しに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命

を失う者は、それを得る。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、

何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。人の子は、

父の栄光に輝いて天使たちと共に来るが、そのとき、それぞれの行いに応じて報いる

のである。」

 

 

 


 

 年間第21主日 2017年8月27日

   マタイによる福音書第16章13~20節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の

子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。弟子たちは言った。「『洗礼

者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤ』だと言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』

とか『預言者の一人だ』と言う人もいます。」イエスが言われた。「それでは、あな

たがたはわたしを何者だと言うのか。」シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生け

る神の子です」と答えた。すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、

あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父な

のだ。わたしも言っておく、あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を

建てる。陰府の力もこれに対抗できない。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あ

なたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上

でも解かれる。」それから、イエスは、御自分がメシアであることをだれにも話さな

いように、と弟子たちに命じられた。

 

 

 


   

年間第20主日 2017年8月20日

   マタイによる福音書第15章21~28節

 

 写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父  

 

 〔そのとき、〕イエスは、ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に

生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。

娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。しかし、イエスは何もお答えにな

らなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってくださ

い。叫びながらついて来ますので。」イエスは、「わたしは、イスラエルの家の失わ

れた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。しかし、女は来て、イ

エスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。イエスが、「子供

たちのパンを取って小犬にやってはいけない」とお答えになると、女は言った。「主

よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」

そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願い

どおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


   

聖母の被昇天 2017年8月15日

   ルカによる福音書第1章39~56節

 

 写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父  

 

 そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。そして、

ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。マリアの挨拶をエリサベトが聞いたと

き、その胎内の子がおどった。エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。

「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたし

の主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。あな

たの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。主がおっ

しゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」

 そこで、マリアは言った。

「わたしの魂は主をあがめ、

わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。

身分の低い、この主のはしためにも

目を留めてくださったからです。

今から後、いつの世の人も

私を幸いな者と言うでしょう、

力ある方が、

わたしに偉大なことをなさいましたから。

その御名は尊く、

その憐れみは代々に限りなく、

主を畏れる者に及びます。

主はその腕で力を振るい、

思い上がる者をうち散らし、

権力ある者をその座から引き降ろし、

身分の低いものを高く上げ、

飢えた人を良い物で満たし、

富める者を空腹のまま追い返されます。

その僕イスラエルを受け入れて、

憐れみをお忘れになりません、

わたしたちの先祖におっしゃったとおり、

アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」 

マリアは、三か月ほどエリサベトのところに滞在してから、自分の家に帰った。 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


 

 年間第19主日 2017年8月13日

   マタイによる福音書第14章22~33節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 〔人々がパンを食べて満腹した後、〕イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう

岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。群衆を解散させてから、祈るため

にひとり山にお登りになった。夕方になっても、ただひとりそこにおられた。ところ

が、舟は既に陸から何スタディオンか離れており、逆風のため波に悩まされていた。

夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。弟子たちは、

イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり

叫び声をあげた。イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。

恐れることはない。」すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに

命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」イエスが「来なさい」と言

れたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強

い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。

イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄いものよ、なぜ疑ったのか」と言わ

れた。そして、二人が舟に乗り込むと、風は静まった。舟の中にいた人たちは、「本

当に、あなたは神の子です」と言ってイエスを拝んだ。

 

 


   

主の変容 2017年8月6日

   マタイによる福音書第17章1~9節

 

 

写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父  

 

 〔そのとき、〕イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、

高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服

は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。

ペトロが口をはさんでイエスに言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、、す

ばらしいことです。お望みでしたら、わたしがここに仮小屋を三つ建てましょう。一

つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」ぺトロが

こう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、「これはわたしの愛す

る子、わたしの心に適う者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。弟子たち

はこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。イエスは近づき、彼らに手を触れて言われ

た。「起きなさい、恐れることはない。」彼らが顔を上げてみると、イエスのほかに

はだれもいなかった。 

 一同が山を下りるとき、イエスは、「人の子が死者の中から復活するまで、今見た

ことをだれにも話してはならない」と弟子たちに命じられた。 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


   

年間第17主日 2017年7月30日

   マタイによる福音書第13章44~52節

 

 写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父  

 

 〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕「天の国は次のようにたとえられる。畑

に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物

をすっかり売り払って、その畑を買う。

 また、天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。高価な真

珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。」

「また、天の国は次のようにたとえられる。網が湖に投げ降ろされ、いろいろな魚を

集める。網がいっぱいになると、人々は岸に引き上げ、座って、良いものは器に入れ、

悪いものは投げ捨てる。世の終わりにもそうなる。天使たちが来て、正しい人々の中

にいる悪い者どもをより分け、燃え盛る炉の中に投げ込むのである。悪い者どもは、

そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。あなたがたは、これらのことがみな分かっ

たか。」弟子たちは、「分かりました」と言った。そこで、イエスは言われた。「だ

から、天の国のことを学んだ学者は皆、自分の倉から新しいものと古いものを取り出

す一家の主人に似ている。」 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


 

年間第16主日 2017年7月23日

   マタイによる福音書第13章24~43節

  

写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 〔そのとき、〕イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のよう

にたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に、敵が来て、

麦の中に毒麦を蒔いて行った。芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。僕たちが主

人のところに来て言った。『だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありま

せんか。どこから毒麦が入ったのでしょう。』主人は、『敵の仕業だ』と言った。そ

こで、僕たちが『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと。主人は言った。

『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れまで、両方と

も育つままにしておきなさい。刈り入れのとき、「まず毒麦を集め、焼くために束に

し、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、刈り取る者に言いつけよう。』」

《イエスは、別のたとえを持ち出して、彼らに言われた。「天の国はからし種に

いる。人がこれを取って畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野

菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。」

 また、別のたとえをお話になった。「天の国はパン種に似ている。女がこれを

て三サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。」

 イエスはこれらのことをみな、たとえを用いて群衆に語られ、たとえを用いな

は何も語られなかった。それは、預言者を通して言われていたことが実現するためで

あった。

 「わたしは口を開いてたとえを用い、

 天地創造の時から隠されていたことを告げる。」

 それから、イエスは群衆を後に残して家にお入りになった。すると、弟子たち

ばに寄って来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください」と言った。イエスは

えになった。「良い種を蒔く者は人の子、畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪

い者の子らである。毒麦を蒔いた敵は悪魔、刈り入れは世の終わりのことで、刈り入

れる者は天使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終わ

りにもそうなるのだ。人の子は天使たちを遣わし、つまずきとなるものすべてと不法

を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中に投げ込ませるのである。彼

らは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。そのとき、正しい人々はその父の国

で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい。」》

 

 

 


   

年間第15主日 2017年7月16日

   マタイによる福音書第13章1~23節

 

写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父 

  

 その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。すると、大勢の群衆が

そばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っ

ていた。イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔

きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。

ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。

しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の間に落

ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、

実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳

のある者は聞きなさい。」

《弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話になる

ですか」と言った。イエスはお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟

ることが許されているが、あの人たちには許されていないからである。持っている人

は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げら

れる。だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。見ても見ず、聞いても聞かず、理

解できないからである。イザヤの預言は、彼らによって実現した。

 『あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、

 見るには見るが、決して認めない。

 この民の心は鈍り、耳は遠くなり、目は閉じてしまった。

 こうして、彼らは目で見ることなく、耳で聞くことなく、

 心で理解せず、悔い改めない。わたしは彼らをいやさない。』

 しかし、あなたがたの目は見ているから幸いだ。あなたがたの耳は聞いている

幸いだ。はっきり言っておく。多くの預言者や正しい人たちは、あなたがたが見てい

るものを見たかったが、見ることができず、あなたがたが聞いているものを聞きたか

ったが、聞けなかったのである。 

 だから、種を蒔く人のたとえを聞きなさい。だれでも御国の言葉を聞いて悟らなけ

れば、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、

こういう人である。石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで

受け入れるが、自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や

迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。茨の中に蒔かれたものとは、御

言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。

良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倍、ある

ものは六十倍、ある者は三十倍の実を結ぶのである。」》 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


 

 年間第14主日 2017年7月9日

   マタイによる福音書第11章25~30節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえま

す。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになり

ました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。すべてのことは、父からわ

たしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者

のほかには、父を知る者はいません。疲れた者、重荷を背負う者は、だれでもわたし

のもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛

を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたし

の軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

 

 

 


   

年間第13主日 2017年7月2日

   マタイによる福音書第10章37~42節

 

 

写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 加藤 鐵男 神父 

  

 〔そのとき、イエスは使徒たちに言われた。〕「わたしよりも父や母を愛する者は、

わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしく

ない。また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。

自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえって

それを得るのである。 

 あなたがたを受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わた

しを遣わされた方を受け入れるのである。預言者を預言者として受け入れる人は、預

言者と同じ報いを受け、正しい者を正しい者として受け入れる人は、正しい者と同じ

報いを受ける。はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さな者の

一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」 

 

 

写真をクリックすると神父様の福音朗読と説教を聴くことができます。

 

 

 


 

年間第12主日 2017年6月25日

   マタイによる福音書第10章26~33節

 

  写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。

 

    司式 近藤 光彦 神父 

 

 〔そのとき、イエスは使徒たちに言われた。〕「人々を恐れてはならない。覆われ

ているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない

からである。わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ち

されたことを、屋根の上で言い広めなさい。体は殺しても、魂を殺すことのできない

者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。二

羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがた

の父のお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残

らず数えられている。だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるか

にまさっている。

 だから、だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも

天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。しかし、人々の前で私を知

らないという者は、わたしも天の父の前で、その人を知らないと言う。」