ブログ (2018年1月~ )


 

新年によせて

 

    主任司祭 加藤鐵男神父 

 

 新年おめでとうございます。社会では一月からが新年になりますが、典礼暦の上

は、既に新しい年を迎えています。

 私たちは、札幌市民であり、北海道民であり、日本国民でもあります。税金を納め、

この地域にあって、公的サービスを受けています。

 私たちは、カトリック信者として日々生きています。すでに、この世に実現してい

ると言われる神の国に入ることを目指して私たちは生きています。この国の長である

神から、私たちは、お金では払いきれない程のたくさんのお恵みをいただいています。

これでもかこれでもかと神は惜しみなく、すべての人にその恵みを施そうとなさいま

す。神の国のサービスは、この世のものとは比べようもありません。身体的だけでは

なく、心の充足をも与えてくださいます。しかも短期的ではなく、長期的、つまり、

その人が神を知った後の生涯に亘って、その恵みは持続的に無料で施されます。こん

な有り難いことは、社会的にはあり得ません。キリストの弟子となったことで、その

恵みをいただくことができるのです。神は、私たち弱い人間の罪をも無限に許し、し

かも許すだけではなく、その後も同伴者として、共に寄り添い一緒に人生を歩いて下

さり、しんどい時には抱き上げて慰め励ましてくださるお方です。このような心配り

をしてくださることに、私たちは何を持って報いれば良いのでしょうか。

 神の国に税金はありません。神が心配りをもって私たちを愛し慰め励ましてくださ

るのであれば、私たち人間も心をもって神を愛し報いる他はありません。口先だけの

祈りではなくて、心を込めて感謝の祈りを捧げることが大事です。

 イエス・キリストは律法学者の「もっとも重要な掟は何か」との問いに答えて言い

ました。「わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、

思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」、また、「隣人を

自分のように愛しなさい」(マルコ12章29、31節)と。

 新年を迎えて、心も新たにし、これからの私たちの信仰を育むために、出来ること

は何かと考えると、それはやはり神が私たちすべての人間を愛し救おうとしていて下

さることに感謝し、これに応えていくことだけです。

 私たちが日々の生活の忙しさに埋もれてしまい、いつしか大事なことを忘れてしま

っていることを反省しなければなりません。 

 今年こそは、毎日僅かの時間でも神に向けて祈り、愛し、感謝の心を、神の祭壇に

お献げできるよう努めていく一年でありますよう願ってまいりたいものです。

 

    山鼻教会機関誌「おとずれ」❜18/1月号より