イベント

写真をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)


死者の日

 2018年11月2日 死者の日のミサが行われ、祈念者800余名の名簿が奉納されました。 

 「信じる者にとって死は滅びではなく、新たないのちへの門であり、

 地上の生活を終わった後も、天に永遠のすみかが備えられています。」

                    叙唱(1)復活の希望の言葉

 この言葉によって、悲しみは希望へと変えられていきます。 

 

 All Souls Day

 November 2, 2018

 Mass of the All Souls Day was held and a roster of more than 800 prayers was dedicated.

 "For those who believe, death is not destruction, it is a gate to new life,

 Even after the end of the earthly life, you have eternal abode is provided to heaven."

                        Recitative (1) words of hope of resurrection

 By this word, sadness will be transformed into hope.

 


秋の大掃除

2018年10月21日秋の大掃除が行われました。

 

みんな頑張って、教会がピカピカになりました。

Everyone worked hard, the church became shiny.

お御堂の床掃除

 

Cleaning the floor of the Chapel

窓ふき

 

Window cleaning

汚れがなかなか取れません。

 

Dirt is not easy to take.

信徒ホール

窓のガード

 

Attach window protector

大掃除後の分かち合い。

 

Sharing after cleaning


 大塚神父様のミサ 

 

2018年10月15日

アビラの聖テレジアさまの記念日に、京都衣笠教会の大塚乾隆神父がミサを捧げてくださいました。

 

「大塚神父と山鼻教会のつながり、神様の不思議なしるし。 」

大塚君は山鼻教会12代主任司祭のエムリク師が京都でミサを司式されたとき侍者をしていました。

2002年エムリク師がフランス巡礼団を企画しましたが、当初参加を予定していた司祭が参加できなくなり、

エムリク師が京都で知り合った彼を思い出して声をかけ、当時20歳の学生だった大塚君が一人京都から参加しました。

ベルサイユ聖ルイ大聖堂での記念撮影で中央にいる青年です。

山鼻の守護聖人「幼きイエスの聖テレジア」聖遺物は、大塚君がリジューより大切に携え持ち帰ったものです。

その入れ物は、エムリク師の希望で日本の伝統的なものをとの希望に応え、京都老舗漆器店で作られたものです。

その後何度か来札し、ご縁は続いていました。

15年経て、あの日の大塚君は昨年京都で叙階され大塚神父となりました。

この度、ゆかりの教会の一つに山鼻を選んで初ミサを挙げてくださいました。 

                                                青山 記

 

Father Otsuka, devoted the Mass

October 15, 2018

On the anniversary of "St. Teresa of Avila"

Kyoto Kinugasa church’s Father Otsuka, devoted the Mass in yamahana Church.

”Relationship between Father Otsuka and Yamahana Church, God 's mysterious work.”

Otsuka Youth did Altar boy when  Emric of priest of yamahana church dedicated Mass in Kyoto.

In 2002 Mr. Emrik planned a French pilgrimage team,

but the priest who was planning to participate initially can not participate.

Mr. Emrik contacted him in Kyoto, Otsuka Youth participated. He was a 20-year old student.

It is a young man in the center with a commemorative photo taken at St. Louis Cathedral in Versailles.

The patron saint of the yamahana Church The relic of "Theresa of the Child jesus"

was carefully carried by Mr. Otsuka more than Lisieux.

The container was created by Japanese traditional Kyoto meister at Father Emrik's request.

Fifteen years later, Otsuka Youth on that day was ordained in Kyoto last year and became Father Otsuka. 

Today devoted his first Mass at Yamahana Church.

                                              by aoyama           

 

 

山鼻教会でミサを司式される大塚神父様。 

「2002年にエムリク神父様の企画されたフランス巡礼に行きました。

それ以来色々とお付き合いがあり、今回山鼻教会で ご一緒にミサを

捧げることができ、とてもうれしいです。」       大塚乾隆

"In 2002 I went to a pilgrimage to France, planned by Father Emrik.

Since then I have had many relationships with you, 

This time very happy that I could devote a mass together

at yamahana church this time. "         kenryu otsuka

 

     この写真は大きくなりません。 

 

2002年 フランス ベルサイユ サンルイ大聖堂前での記念撮影。

中央の青年が大塚君です。

 

2002 Commemorative photo taken in front of Versailles St.

Louis Cathedral in France.

It is a young man in the center with a commemorative photo

taken at St. Louis Cathedral in Versailles.

 

 

 

 リジューの聖テレジア像の前で

 

 

Commemorative photo taken in front of St Lieux's Theresa.

 

 

 

 

 

 

 叙階式ミサでは和服姿の数人が、

ホスティア・ワインの奉納のお役をいただき、

その後のパーティでもたくさんの人に写真を

撮っていただきました。 

I wore Japanese clothes and attended a national mass.

And I did the Dedication of the hoster and the wine.

It was a surprise gift from Father Emrik. 

Even at the party after that, many people took my pictures.

 

 

 叙階式後のパーティーでの合唱。

 

 

I sang at a party after the Ordinance ceremony.

 

 

  

 

 

山鼻教会のミサ後の記念写真。

 

 

Commemorative photo after Mass.

 

 

 

  

 

茶話会でのスナップ


火災避難訓練

 

2018年10月14日火災避難訓練を行いました。

 

火事ですここから避難してください。

 

Fire Please evacuate from here.

車椅子はいちばん先に。

 

Wheelchair is the first.

全員無事に避難しました。

 

Everyone escaped safely.

消火器の練習です。

 

It is fire extinguisher training.

 

 

 

 

 

 

 


テレジア祭

 

  2018年10月7日

  いつも私たちを優しく見守っていて下さるテレジアさまに、感謝を込めてお祭りが催されました。

 

  私は御身を愛します イエズスよ 御身に向かって私の魂は憧がれる

  一日のためにだけ 私のやさしい支えとなってください

  私の心に来て おさめ 私に 御身のほほえみをお与えください

  ただ 今日のためにだけ 

                             山鼻教会の守護聖人「幼きイエスの聖テレジア」の祈り

 

Theresa Festival

 

  October 7, 2018

  A festival was held with thanks to Theresa who always watching us all the time.

 

  I love you. Jesus. My soul is longing for you.

  Please be my gentle support. only for the day.

  Please come and bring me to my heart and give me your smile.

  Just for today. 

                             Prayer of the patron saint of Yamahana church" St. Theresa ".

 

 


教会バザー

 

 2018年 9月30日 教会でバザーが行われました。今年のテーマは「心をつないで、輪を広げよう」。

 台風24号接近もなんのその、焼きそば・焼き鳥・プルコギ定食・喫茶コーナー・雪の聖母園の野菜販売

 平岸の里の手芸品と今年も出店はもりだくさん。加藤神父様の開会宣言で始まり、楽しい1日でした。

 バザーの収益金は次の福祉団体に寄付させていただきます。

 カリタス家庭支援センター、虹の会(視覚障がい者と共に歩む会),盲導犬協会、

   札幌MAC(アルコール依存症リハビリテーションセンター)、ダルク(薬物依存症自助グループ)

 たくさんのご支援有難うございました。

 

 2018 Yamahana church charity bazaar. 

 Bazaar was held at the church on September 30, 2018.

 This year's theme is "connecting the heart, will widen the circle".

 Bazaar starts with the opening declaration of priest Kato.

 It is lively in many shops this year.

 Yakisoba · Yakitori · Bulukogi set menu · Tea room "Yamahana".

 "Yukinoseiboen" fresh vegetable sales. Handicraft of "Hiragishi no Sato". 

 It was a fun day.

 

 

 

2018年バザーを始めます。 

 

 Start the 2018 bazaar.

 

焼き鳥のお会計はこちら。

 

Two angels of Yakitori store.

 

焼き鳥・ウインナーだよ。

 

Yakitori and Wiener Store.

 

わたしは焼きそばのマイスターで、実はミシュランひとつ☆~ ♯〇※△♭$% !!

 

I am the meister of yakisoba, in fact Michelin star ~ ♯〇※△♭$% !!.

 

陰で支えているのは私たちなのよ。

 

We are supporting the Yakisoba store.

 

 

 

 

結局、そういう事なんじゃないかと思います!

 

That's right.

 

ビール売れ残りそ~なんです。

 

Beer is unsold.

 

今年も「雪の聖母園」の皆さんが美味しい野菜を届けてくれました。

 

Everyone of Yukinoseiboen delivered delicious vegetables this year.

 

マザーのカレンダーいかがですか~~。

 

How about a mother's calendar?.

 

バナナのシフォンケーキ、おいしいよ‼

 

Banana chiffon cake, it's delicious.

 

ささえ合いカードのお楽しみ抽選会が始まるよ~

 

Lottery of "support card" will start.

 

 

ヤッター 見事 ゲット ‼ 

 

2018年度 MVP

 

 

Now I was get.   

 

2018 MVP.

 

わたし、"プルコギ定食"三つ買うの。

 

I buy three sets of "Bulgogi set meal".

 

プルコギ定食、故郷の母を思いだします(涙)。 

 

Bulgogi set meal, I remember my mother in my hometown (tears).

 

いかがですかー

 

How is it?.

 

「平岸の里」さんが今年も素敵な手芸品をたくさん持って来てくれました。

 

"Hiragishinosato" brought lots of nice handicrafts this year.  

 

ダリア、今年も綺麗に咲きました。

 

Dalia bloomed beautifully this year.

 

パウンドケーキ、いかがですか~

 

How about a pound cake?.

 

三陸名産 ”わかめ” は人気商品でーす!

 

Sanriku special product "Wakame" is a popular item!.

 

「このネクタイ、わたしにどーだい?」 

「とてもお似合いですよ‼ 神父さま」

 

 "Does this tie match me?".

 "very suited! Father".


幼子の洗礼式

 2018年9月16日 ひとりの幼子の洗礼式がありました。

 彼の名はバルナバ。

 

あなたは、

愛されて生まれてきた

大切な人。

 

マザー・テレサの言葉

 

 

Infant's Baptism ceremony

 September 16, 2018 There was a baptism of an infant. 

 His name is Barnabas.

 

You are a precious one,

who was born in Love,

 

 Mother Teresa

 


長老の洗礼式

 2018年8月15日 聖母被昇天の日に、二人の長老の洗礼式がありました。

 フランシスコ83歳とヨセフ90歳です。

 お二人の喜びの声です。

 

 フランシスコ

 今ここに、洗礼を受けて大変うれしいです。何もわかっていませんので、

 これから学習していきます。よろしくお願いします。

 

 ヨセフ

 私はへそ曲がりでなかなか信者になれませんでした。しかし突然なりたくなり、

 信者になるのはどのような手続きをすればいいのかと家内に聞きました。

 また、カトリック教会は平和運動をしているので、仲間に入れてもらいました。

 まだまだ幼稚園なので、よろしくお願いします。

 

 神父様のお祝いの言葉です。

 まだ幼稚園とのお話ですが、お二人とも洗礼を受けたことで、今までのことは全部帳消しになって、

 まるで赤子のようにきれいな心と体になりました。これから信仰が深まりますよう祈っています。

 

 Elders' baptism ceremony

 August 15, 2018

 There was a baptismal ceremony of the two elder at the day of Our Lady 's ascension.

 Francisco is 83 years old and Joseph is 90 years old.

 The voice of their joy.

 Francisco

 I am very pleased that I can get baptized.

 I do not know anything, so I will learn from now. Thank you.

 Joseph

 I had no chance to become a believer.

 One day I asked my wife how to become a believer.

 So I was able to get baptized. Also, since the Catholic Church is doing a peace movement,

 they are included in a group. I am still a kindergarten child. Thank you.

 

 Father 's celebration comment.

 The two were baptized, all canceled, and became a clean heart and body like a baby.

 I hope praying for deepening my faith.

 


朴神父様 司祭叙階10周年記念

 

   2018年7月15日、朴神父様の司祭叙階10周年お祝い会が開催されました。

 朴神父様 司祭叙階10周年 おめでとうございます。

   朴神父様はとても優しい方で、私のカメラにピースサインをしてくださいました。

 これからも よろしくお願いします。

 

     

       박재석(안셀모) 신부님 사제수품 10주년 기념

           2018년 7월 15일, 

           박재석(안셀모) 신부님의 사제수품 10주년 기념 축하식이 거행되었습니다. 

           박재석(안셀모) 신부님 10주년을 축하드립니다. 

           박재석(안셀모) 신부님은 매우 상냥한 분으로, 제 카메라에 Peace 사인을 해주셨습니다. 

           앞으로도 잘 부탁드립니다. 

 

 

 

              Father Park, 10th anniversary of the ordination

                   On July 15, 2018, Father Park held the 10th anniversary celebration of the ordination.

                   Congratulations on Father Park.

                   Father Park is a very kind person, he gave me a peace sign to my camera.

                   Thank you Father Park.

 

 


初聖体

 

 2018年6月17日、二人の子供たちが初めて御聖体をいただきました。

                 そっと ちいさな手のひらに 主イエスの御体が 置かれました。

        おめでとう パウロとルカ 二人は わたしたちの おおきな希望です。

 

       First Eucharist

                  On June 17, 2018, the two children got the Eucharist for the first time.

            The body of the Lord Jesus was gently placed in the palm of a small hand. 

            Congratulations Paul and Luca are our great hope.

 


マリア祭 

 

2018年5月6日、マリア祭が行われました。

  まりあさまのこころ それはあおぞら

  わたしたちをつつむ ひろいあおぞら

                       典礼聖歌407                

  綺麗な花をたくさんお献げして、

  みんなで一緒に、感謝しました。

 


お祝い会 

 

2018年4月29日、加藤神父様叙階10周年と朴神父様歓迎会・霊名記念日のお祝い会が開催されました。

子ども達からお祝いの花束を送られ、お二人ともニコニコでした。

乾杯!! これからもよろしくお願いします。

 


四旬節黙想会

 

「復活祭に向けて」2018年2月18日

 

                             山鼻教会 主任司祭 加藤 鐵男 神父 

 

 

写真をクリックすると、加藤神父様の黙想会の音声を聞くことができます。


待降節黙想会

 

「待降節と降誕祭に向けて」 2017年12月17日

 

                             山鼻教会 主任司祭 加藤 鐵男 神父 

 

 

写真をクリックすると、加藤神父様の黙想会の音声を聞くことができます。


ミニバザー

 

 2017年11月19日 新司教館建設資金のためのミニバザーを開催しました。

 神学院伝統製法によるイチョウ倶楽部謹製のぎんなん、とても懐かしい味のライスカレー、

 クリスマスカードや雪の聖母園の元気な野菜、ケーキに焼きそばなど、とても賑やかなバザーでした。

 


死者の日

 

 2017年11月2日 死者の日のミサが行われ、祈念者900名の名簿が奉納されました。

 

 子を見て信じる者が永遠の命を得、わたしがその人を終わりの日に復活させる。(ヨハネによる福音書6章) 

 


バザー

 

 2017年 9月17日 教会でバザーが行われました。今年のテーマは「新しい100年に向けて」です。

 加藤神父様の開会宣言で始まり、昨年よりさらにパワーアップしたケーキにプリン・クッキー、丹精を込めたお花の販売、

 そばにうどん、お約束の焼きそば・焼き鳥・ゆでトウキビ、光明社の出張販売、酪農学園大学の学生さんによるバンド演奏など、

 楽しい1日でした。

 


火災避難訓練

2017年8月20日火災避難訓練が行われました。

避難完了後札幌市消防局から、避難完了に3分半はおおむね良好ですとの講評をいただき、

その後消火器の取り扱い講習会が行われました。


DVD学習会

    

 2017年6月25日、近藤神父様を講師にDVD学習会が行われました。

 テーマは「知っておきたい聖書の学び」です。

 50余名の方が参加され、旧約聖書の世界に浸りました。 

 次回は8月27日の予定です、どなたでも参加できますので、大勢の皆様の参加をお待ちしております。 

 


マリア祭

 

 2017年6月21日、マリア祭が行われました。

 

    マリアさまのこころ それはあおぞら

      わたしたちをつつむ ひろいあおぞら

 


 

待降節黙想会

 

 「ゆるすということ」 2016年12月4日

 

                             山鼻教会 主任司祭 加藤 鐵男 神父 

 

写真をクリックすると、加藤神父様の黙想会の音声を聞くことができます。

 


結婚式

 

 2016年11月26日 加藤鐵男神父様の司式により結婚式が行われました。

 

 お二人のうえに 神様の祝福が豊かにあり 末永く幸せでありますように。

 


ミニバザー

 

 2016年11月20日 イースタービレッジと雪の聖母園支援のミニバザーが開催されました

 

 神父様と銀杏クラブの銀杏、こども会のいも団子、手芸品やロザリオの販売など、とても賑やかでした。

 


死者の日

 

 2016年11月2日 死者の日のミサが行われ、祈念者の名簿が奉納されました。

 

 神に従う人の魂は神の手で守られ、彼らは平和のうちにいる。(知恵の書3章) 

 


テレジア祭

 

 2016年10月2日 いつも私たちを優しく見守っていて下さるテレジアさまに、感謝を込めてお祭りが催されました。

 

 「母なる教会の中でわたしは愛となりましょう」

  愛に生きるとは、限りなく与え、この世での報酬は望まないこと、わたしは数えることなく与えよう。

  愛に計算はないと確信して。

  いつくしみ深い神のみ心に、わたしは、わたしのすべてを与え、身軽になって、わたしは走る。

  ただひとつの、富のほかは、なにものも持つことなく、私は愛に生きる。

                             山鼻教会の守護聖人「幼きイエスの聖テレジア」の祈り

 


初聖体

 

 2016年10月2日 初聖体の秘跡が行われました。

     彼女のうえに、神様の祝福がたくさんありますように。

 


佐藤謙一神父初ミサを司式

 

 2016年9月18日 佐藤謙一神父が山鼻教会でミサを司式されました。

 佐藤謙一神父様が神のいつくしみによって、これからも人々に愛され、

 健康に恵まれ、司祭職を全うすることができますようにお祈りいたします。

 


谷内神父様講話会

 

 2016年9月11日「年齢を重ねるにしたがって」をテーマに谷内神父様の講話会が催されました。

 谷内神父様は、「あなたに会うと元気になると言われる人の共通点は、いつも笑顔で、優しくて、

 ゆっくりゆっくり一緒に歩いてくれる人です」とお話しされました。

 


バザー

 

 2016年 8月28日 教会でバザーが行われました。今年のテーマは「わ」をひろげようです。

 近藤神父様のテープカットで始まり、腕によりをかけたお料理・デザート、各種物品販売

 子どもコーナー、バンド演奏など、楽しいメニューが満載でした。

 


結婚式

 

 2016年  6月26日 加藤鐵男神父様の司式により結婚式が行われました。

 

 お二人のうえに 神様の祝福が豊かにありますように。

 


慶寿会

 

 2016年6月5日、80歳を超えるご長寿の方々35名をお迎えして、お祝いの会「慶寿会」が催されました。

 ミサの後、健康を祈念して加藤神父様から祝福と塗油の秘跡を受け、記念撮影はうれしい笑顔がいっぱいでした。

 

 参加された方のお祈りです。

 「神様を信じ、賛美し、恵みをいただき、善き歳を重ね信仰のゆりかごの中で

  人々への愛を共に祈り続けていくことが出来ますように。アーメン」

 


マリア祭

 

 2016年5月29日 マリア祭が行われました。